ゆかいなおたんちんシスターズ

Aコッカー・Mダックス・バーニーズのマイライフ

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … さくら その後 partⅦBLOGTOP » おたんちんシスターズ » TITLE … さくら その後 partⅦ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら その後 partⅦ

今日 病理検査結果を聞いてきました。


胃:軽度の粘膜固有層の水腫

十二指腸:軽度から中程度のリンパ球性形質細胞性腸炎
                   又の名をリンパ球性プラズマ性腸炎


という病理診断でした。


炎症の主体はリンパ球、形質細胞で炎症性腸疾患ということです。

適切な内科治療、食事療法を行い経過を観察する必要あり

適切な治療に反応が見られず、症状の悪化が認められる場合には、さらなる精査が望まれる

要するに食物アレルギーを起こしているということです。


素人判断で思うに肺の手術以後何かに反応したのかも知れません


ゆえに・・・

これから2ヶ月程は専用の療養食以外何も食べさせることは出来ません

牛乳もアイスクリームもお肉も・・・ 果てはお魚もダメ

お肉はササミもダメ  生野菜もダメ・・・


院長先生の真顔で強い口調

ダメ ダメ ダメ


通常ならば優しい口調の先生 この日はきっぱりと言いました

私はともかくパパゴンに言い聞かせるのにちょっと大変かも

さくらのためだもんね 

辛いけど頑張るっきゃない


そこでステロイド剤を投薬することに・・・

この薬の効果はびっくりするものがある

この薬を飲ませた後は食欲増進 

尻尾をはためかせてランをかっ歩する姿たるや以前のさくらそのものである

どこが悪いのって感じ

長きに渡っての使用は少々怖いものがある

取り合えず先生の指示では

様子を見て私の判断で投薬を止めてかまわないということでした



この先がどうなるのか解らないことが悩みの種です
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

原因が分かって何より。
やっぱりレバーのやりすぎじゃない?
人間でもキツイから週2回が限度なのに毎日だったでしょ・・・
薬は本当に調子が悪いときだけにしたいね。
でも元気になれそうでよかった♪

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。