ゆかいなおたんちんシスターズ

Aコッカー・Mダックス・バーニーズのマイライフ

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の丈7センチと13センチ
明日はどうなる?
スポンサーサイト

寂しい・・・

D3R_3533.jpg






5月30日 金曜日  どれみが虹の橋へ・・・

突然のことだった。


倒れてわずか1時間半 駆け足で逝ってしまった

おそらく心筋梗塞ではないかとお医者様のお見立



6月2日 月曜日 三仙院

沢山のお花に囲まれて・・・


寂しい・・・




『どれみ』  初めての出会いは獣医さん


胸に重大な欠陥をもち3度の手術をし、走ることはもとより歩くことさえままならない状態だった




生後8か月の時に我が家へ

チャコちゃん

IMG_7108.jpg



チャコ(右 Aコッカー)ちゃんが6月21日(木)午後9時20分 虹の橋へ・・・

13歳と10ヶ月の生涯に幕をおろした



この二月ほど呼吸が荒く、この日が近いことを悟らずにはいられなかった




軟便から体調を崩しかけていた時、ロッキー母さんに頂いた手作り食にヒントを得、


以来手作り食で持ち直した




キャベツ・大根・人参・白菜・かぼちゃ・サツマイモ・鶏肉・ジャコ 

時にはおからにブロッコリーにかぶ等を全てまぜあわせて煮たものにごはんをたして・・・




この2週間体で呼吸するようになり、受診する


この時の状態を把握しておく為に・・・


何もしてあげられない 

手術? 年齢から麻酔が怖い

生れつき気管か肺に疾患があったかも・・・  ゆえに哺乳して育てた



結果は『心臓弁膜症に不整脈、それと気管支又は肺になにか異常をきたしているかも』



との診断


前回には無かった病状だった


気管支拡張剤をもらう 効くか効かないか



この頃から夜中の尿漏れ オムツをするようになる



そして水曜日朝から今日にかけて彼女は一睡もしていない


抱っこの好きな彼女は抱っこも嫌がるようになりずっと動きずめ


今日は朝から座ると失禁するようになり


食事は前日から口にしない むりやりアイスクリームをなめさせて・・・



やっぱり今朝も食べない 


薬(甲状腺の薬・抗生剤・成長薬・気管支拡張剤)にアイスクリームをコーティングして

食べさせる



これが最後の晩餐になってしまった



居間で大好きなパパに一瞬の抱っこのおねだり 


これが最後のご挨拶になった


名付け親の娘は泣いている



怪獣もかわいそうといいながらよりそっている




イチローにビビアン、こももみんなちゃこに何か語りかけるように寄っていく



『お姉ちゃん なに寝てるの? 遊ぼ~』


『お姉ちゃん???』




今は静かにベッドで寝ている


お疲れ様ちゃこ


これが貴方にママから贈る最後の言葉です


『あ り が と う  チャコ』







ラッキー

今日 小さな入れ物にはいったラッキーと対面した



『いらっしゃい ラッキー  お疲れ様』と声をかける。 いつもどおり



心のどこかで認めたくない気持ちもあり手を合わせることは出来なかった



初めての出会い 妙によそ様の仔と思えない ドレミ一家になじんで


賢く、時には叱ったり、無視したり、コマンドの良く聞くおりこうさんだった






先週金曜日 検体のため岐大へ行く前に最後のお別れをした時に


しっかりと抱きしめてあげたかった



心残りだ



私は『検体』という言葉は過去にも耳にしたことはあった


しかし現実に身の回りでありえることだということにびっくりしている




『検体』それは患部の組織を少し取るだけのように安易に考えていた


「どうしてラッキーの体にメスを入れたりするのか」


解らない それが私の本音であった




しかし・・・



なんと愚かだったんだろう



『検体』から帰ってきたラッキーのお顔は笑っている



最後の仕事をなし終えた満面の笑み




ケン・フライト・サラそして後に続くコーギー他のわんこの未来の為に役立つのであれば・・・



これでよかったのだと・・・



父さんと母さんの願いどおり死因も特定出来ることだろう




ラツキー 安らかに・・・    さようなら








朴報

今も躊躇している私

こんな時いつも心が折れそうにななる


24日 午後ラッキーが虹の橋へ



早期発見から父さんと母さんは手を尽くせることは全てやった


しかし病魔に勝つことが出来なかったラッキー


もう氷をねだる姿も見られない


ドレミ一家にまじっておやつを食べることも無い


寂しい


最後にラッキーにお別れをした


いつも思うことは 『うそだぴょーん』て起きてこないかな




飼主さんは私よりもっと心が折れそうなのに耐えているんだよね


『父さん母さん 泣かないで  僕幸せだったよ 有難う』って言ってると思う




ラッキーへ  ずっと忘れないよ君の事   合掌





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。